BEABA[ベアバ]のベビークック – 面倒くさがりでも作れる簡単・美味しい離乳食

BEABA[ベアバ]のベビークック – 面倒くさがりでも作れる簡単・美味しい離乳食

娘が3ヶ月を過ぎた頃、子育て支援センターで開催されている離乳食教室に行ってきました。

1人目の子どもなので、もちろん初めての離乳食。

右も左もわからないので、ふむふむと真剣に聞いていましたが・・・

「めっちゃ面倒くさそう・・・・」

というのが正直な感想(笑)

面倒くさがりの私にはとっても不安な離乳食作り。

これは少しでも楽になるグッズを手に入れなければ!
食育を頑張るって決意してたのに、娘の食事がレトルトだらけになってしまう!!

という訳で、色々調べた結果たどり着いたのがBEABA[ベアバ]のベビークックでした。

フランスの老舗ブランドBEABAの離乳食メーカー

BEABA [ベアバ]のベビークック

フランスの老舗ブランド「BEABA」から発売されている、離乳食メーカーのベビークック。

①蒸す ②刻む ③混ぜる ④解凍 ⑤あたため の5役をこの1台でこなせる便利アイテム。

発売から30年。65カ国で親しまれ、累計500万台を販売しているそうです。

BEABAからは離乳食メーカーだけでなく、かわいい食器や保存容器なども発売されています。


実際使ってみて感じたメリット

  1. 操作が簡単
  2. スチーム調理なので野菜の栄養価が逃げにくく、甘みが引き立つ
  3. 「蒸す」と「切る」が1台できるので洗い物がラク
  4. スチーム後の調理液までスープに使える

デメリット】

  1. そこそこ良いお値段
  2. パーツが固くてはめにくい
  3. 一部部品に野菜の色移りがしやすい

というところでしょうか。
詳しくお話ししていきます。

使って感じたメリット

1. 操作が簡単

BEABAにはボタンが一つしかありません。

ボタンを押すとスチームが開始。右にひねるとブレンド。
めちゃ簡単!!

具体的な使い方は、

1. スチーム用の水をタンクに入れる。(水はミネラルウォーター)

BEABA [ベアバ]のベビークックの使い方

2. 野菜をカットし、バスケットに入れセットする。

BEABA [ベアバ]のベビークックの使い方

3. 蓋を閉め、ボタンをポチッ。マークが青く光ります。

BEABA [ベアバ]のベビークックの使い方

4. スチーム終了後、調理カップに溜まったスチーム液を取り出し、調理カップに野菜を入れる。

BEABA [ベアバ]のベビークックの使い方

5. スチーム液を適宜加えて、お好みのなめらかさにブレンド。ボタンを右にひねるだけ。

BEABA [ベアバ]のベビークックの使い方

めちゃくちゃ簡単です!

ちょっと面倒なのは、使い初めと定期メンテナンスのときくらいでしょうか?

↓の使い方動画を見るともっとわかりやすいと思います。

2. スチーム調理なので野菜の栄養価が逃げにくく、甘みが引き立つ

離乳食の作り方を見ると「茹でる」調理法が多いですが、ベビークックはスチームで「蒸す」という調理方法です。

例えば、ブロッコリーのビタミンCは茹でると30%に減ってしまいますが、スチームだと84%も残るそうです!

はじめの頃は食べる練習なのであまりビタミンを気にしなくても良いかもしれませんが、月齢が進むと栄養バランスは大事ですよね。

また、じっくり蒸して調理するので野菜がすっごく甘くて美味しいんです😋

うちの娘はおかゆよりも先に、このベビークックで作った野菜のペーストにぱくつきました。

大人が食べてもおいしいんですよね〜。

我が家では大量に作って、余った分を大人のポタージュスープ用に使ってるのですが、これがいつも私の料理には辛口の夫にも大好評!

  1. 玉ねぎをバターで炒める
  2. 離乳食の余りと1をBEABAでペースト状にブレンド
  3. 2を鍋に移し、牛乳・コンソメ・塩を加えて煮込む

作り方は以上!
野菜や牛乳・コンソメの量も超テキトー。
どんな野菜でもOK。

それでもホテルのスープのような美味しさです!(いや、本当に)

3. 「蒸す」と「切る」が1台でできるので洗い物がラク

具材を茹でて、それを細かく刻んだりペーストしたり・・・となると色んな調理器具が必要で洗い物が面倒です。

BEABAだと、この一台で蒸すもカット(ペースト)もこなしてくれるので洗い物が少なくて楽!!

ブレンダーは刃の取り外しが面倒なタイプもありますが、ひねるだけでカンタに取り外せるのもポイントですね♪
細かい部分も少ないので、洗いにくさも感じません。

操作が楽でも洗い物が面倒だと、結局使わなくなってしまうので😅

4. スチーム後の調理液までスープに使える

スチームした後、調理カップにスチーム液がたまります。

ここに野菜の旨みやビタミンが溶け込んでいるので、これもしっかり活用できます。

ブレンドするときに加えてなめらかさを調整をしたり、野菜スープとして使ったり、無駄がありません♪

私は週末になるべく一気に色んな野菜をスチームして調理液をミックスし、冷凍保存するようにしています。

フリージング用のブロックトレーを使うと、必要な分だけ小分けで使えるので便利です♪

使って感じたデメリット

1. そこそこ良いお値段

こちらのベビークック、¥27,500(税込)いたします。

なかなか気軽に買えないお値段ですよね😲

我が家はブレンダーも蒸し器もなかったので、「どうせ買わなきゃいけないならこっちの方が便利だし、これは絶対必要なものなのよ!!」と夫に力説しました(笑)

買う前提で話を進めたので、離乳食の知識0の夫を落とすのは割とチョロかったです😎

みなさん、うまいことご家族を丸め込んでくださいね✌️(笑)

2. パーツが固くてはめにくい

これは慣れればそこまで問題ではないですが、海外の製品て部品をはめるとき固くないですか?(笑)

使い始めは一度全部の部品を外して洗浄するのですが、戻すときに割と力任せにガコッとはめて、これ壊れてない??と心配になりました😅

カスタマーセンターに電話したら問題ないと言われたのでそのまま使い続けてますが、今の所故障もないのでそういうものなのでしょう。

ちなみに、固かったのはこの蓋部分。
毎回洗う部分でもないので、まぁそこまで不便は感じてません。

BEABA [ベアバ]のベビークック

調理カップも始めはなかなかうまく取り外しができなかったのですが、最近コツをつかんできました。

外すときは垂直に引き抜くのがポイントです。
ちょっとでも斜めに外そうとすると、ひっかかってしまいます。

3. 一部部品に野菜の色移りがしやすい

調理バスケットやヘラがプラスチックなので、長時間放置していると野菜の色移りをしてしまいます。

ボタンを押すだけで勝手に調理してくれるので、待ってる間に他の用事をしてると忘れて放置しちゃうことがしばしば・・・(笑)

ほうれん草とか特に色がつきますね〜😱

ただ、パーツはすべて別売りで販売されているので、汚れがひどくなったり壊れた場合は購入が可能です。
わざわざ一部の部品のために修理に出すのもめんどうなので、これは助かりますよね!

まとめ

総合的に買って大正解!というのが私の個人的な感想です。

見た目がかわいらしく、カラーも選べるのもポイント高いですね♪

ブレンダーを持っていない方、離乳食をまとめて作り置きしたい方にはオススメだと思います。
スティック野菜を作るのにも重宝しますよ♪

離乳食以外に大人用メニューも楽天レシピで紹介されているので、そちらをチェックしてから購入を検討されると良いかと思います😋
↓↓
食も毎日の料理もこれ1台!蒸せるミキサー ベアバのベビークック マイページ